種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 豊かな島への「提案」-豊島再生へー

先日、平成18年2月25日土庄町豊島(旧豊島村)の「廃棄物対策豊島住民会議議長砂川三男さん、西口清次さん、三井弘一さんから、「豊島楽会設立準備会の開催について」のご案内をいただきました。又、昨年の秋から豊島住民会議、豊島応援団(旧弁護団)、早稲田大学永田研究室との間で豊島学(楽)会の設立が準備されてきました。
 この間、毎年4000人ほどがけんがくにきています。産廃はすでに15%をこえて直島において無害化処理がなされてきています。しかし、あと10年の月日がひつようです。豊島を材料に関心のあることを記録、議論、研究する場として会の設立が現実のものとなりました。豊かな島、自然と水が蘇る島に1日も早くなるように願い設立をお祝いします。現場で、島の皆様の力になれるようにがんばります。
 この呼びかけをしてくださいました5人、安岐正三さん、曽根英二さん、長崎俊介さん、永田勝也さん、中地重晴さんには感謝したいです。わたくしは豊島問題には環瀬戸内海会議の会員として未来の森の下草の刈り取りや、タネの採取、苗樹つくりのテスト、植樹、オリーブの研究もしてきました。土嚢工法のテストもしてきました。石井亨県議の選挙にも泊り込んでのおうえんもしてきました。島のみなさまや多くのボランテイアの皆様に学んできました。
 島の過疎化の進行と高齢化がすすみ10年後までは待てません。産廃の処理の推進と同時に他の場所の不法投棄の場所の解決も同時にすすめて10年内の解決を期待しています。
 又、今1番必要なのは豊島の自然と、環境、生産、生活の場の再生と創生をすすめて人口の1327人を、5000人ほどに、仕事の場の開拓、コミニテイの推進で新しい交流の場ができてゆくことをきたいしています。島で暮らして下さる人が増える事を期待しています。

   「豊かな島づくりへー提案ー」

 豊島の今、、、!

 周囲18㌔メイター、檀山340メイター、562世帯、1327人、高齢者人口42%。

 海岸(海水浴場)、つり宿の整備
  
   -宮の浜、神子浜、王子ヶ浜、唐と港、北の浜(産廃現場)などを整備し民宿を配置する。

 磯釣り場の整備、安全対策の確立

    ー 島の周囲と近くの島々

 他の不法投棄場所の調査、処理
 
 漁業振興計画

     ー養殖漁業センター設立、加工施設の基地整備(家浦,唐と港)

 家浦港の整備、拡大

 フエリー航路の整備

      - 宇野港ー直島(本村港)-豊島ー小豆島ー神戸  ( 航路開拓)

 農業

       - 稲作、畑作、、、可能な不耕作地の管理、運用策の確立

        -イチゴ   生産地区拡大 (島の外からも参加者の参入)

        - オリーブ  栽培地区の拡大、工場誘致

          -野  菜  季節調整型の高価野菜の栽培

 道  路  農道の整備、延長

 住居地区 今後の災害対策で住宅団地 用地の整備  ヘリコプター専用基地

 林業、森林

          -檀山地域のスダジイの森の自然の保護

           -急勾配山岳地の森(広葉樹)、土嚢工法でのタネからの千年の森作り

 安定勾配地

           -森林公園、亜熱帯性気候植物園

            -虻山地区の開発、創生

            -民間用地を国、県、土庄町で買収し、広葉樹の千年の森作り

            - 花、野菜、果樹、苗樹センターの栽培地

            - 島での、ゴミの処分場(地下にさげて作る(海からの景観対策)

 北海岸の自然環境の再生

             -土壌改良対策で(土の搬入)による自然の回復

             - 岩盤の山には土嚢工法で、森つくり(タネを植え込む)

 産廃の記念の森(公園)つくり 記念館を古民家の移設

 産廃の研修施設建設(大学,高校ほか中,小の生徒の学習を受け入れる、研究所設立)

 島に住む住民の増加対策

     1、団塊の世帯が就労し、暮らせれる条件の整備

     2、新住宅、空家の活用整備

     3、老人ホーム建設、診療所整備  緊急へリコプター基地

     4、コミュ二テイの交流センター建設。

エネルギー問題

 -    - 自然、新エネルギーの採用で、自立をかくりつします。

 食糧問題
       ー 自給自足が原則です。


                                                以上

  みなさまのご意見の素材にしてくだされば幸いです.

    瀬戸内海の自然を再生し、「世界遺産」をめざす会  (浦島 文男)
[PR]
by urashima77 | 2006-03-23 09:17