種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

環境省環境モニター、環境カウンセラーとしての環境パトロールをし調査をしました。

 世は、ゴールデンウイークに入りました。わたくしはこの4月から環境省の環境カウンセラーに合格し、取り組みを開始しています。また、中四国地区の環境省の環境モニターとしても岡山が児島湖、金甲山、貝殻山、瀬戸内海への汚染などで指摘を受けている事があり全国レべ ルまでの改善を図るために、まづ現状の把握と、改善の方法を提案できるようにパトロールをしました。北へは真庭市美甘での田植え前の準備作業の手伝いをし、道中では倒木災害(台風23号)の倒木の片付けの進行状況をみました。見えるところは良くなりましたが真庭市勝山荒田地区は手付かずがおおきくのこり、また姫新線の2次災害の危険性はそのままです。法面の切りなおしが必要です。
 さて、4,5,6日は庭瀬を拠点にしての児島湖への水路、高梁川から井尻野で水を取り込み児島湖まで流している水路をみました。水路が故意に狭められていたり、家庭からもストレートで川に汚水が放流されています。この対策がとられなければ児島湖の浄化はできないでしょう。岡山県、市の指導を強化すべきです。鯉等の死がいが数匹放置されており、ゴミもおおくて水質が心配です。検体の検査がほしいですね。
 児島湖、児島湾から海岸を小串まで行き、貝殻山へと回りました。見違えるほどきれいになりました。かつてゴミが投棄されていましたが、、、うれしいです。さらに金甲山に向かいました。別世界でしょうか環境は最悪です。道沿い、さらに産廃富士?残土で埋められた谷、汚染された池、水路、、、。県道金甲山線道路周辺が最悪です。このエリアの水質、土壌の検査、生物調査が必要です。基準をこえる汚染があれば、被害も予想されます。もし汚染があれば、改善のための対策を地元の企業、業者,岡山県、岡山市、玉野市とも考え出さねばなりません。後世へ負の遺産は残さないようにしたいものです。豊島の教訓、直島の環境センター、有価金属リサイクル施設の機能を正しく学ばなくてはなりません。
 この5月14日、直島町での「第3回みどり創世イン直島」の植樹のつどい、さらに午後は私たちボランテイアグループやおかやま環境ネツトワーク社会環境、自然環境部会の有志は環境センターと有価金属リサイクル施設を視察します。希望される人は、このブログを見て(前の分)申し込んでください。9日まで受付をし、現地に申請をします。できる事はしましょう。
 今年は、海岸での生物調査、水質、土壌の検査を岡山県備前県民局へ協働の提案をだしています。ご注目ください。みなさまとボランテイアで自然と環境の再生をしたいです。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-07 07:23