種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

 直島で「第3回みどり創生イン直島」植樹のつどいに参加!

 五月晴れの五月を期待していましたが、、、連日の大雨です。岐阜でも、岡山でも国道の法面と山がくずれています。梅雨に入りそうです?早い異変がおきだしています。5月14日(日)朝3:00に家をでる。家族をおこさないように、静かにでました。この時間は美咲町は静かですが米子方面へのトラツクが元気にはしります。
 岡山までは1時間の行程をくるまではしります。岡山商大付属高校の隣の吉野家で早い豚ドンをいただく。まだ4:30ですので、、、時間を考えて工程を児島湖、(湾)の調査の準備で3回目の下調べをしにまわりました。八浜、締め切り堤防,甲浦、北浦、宮浦、西原、、小串までの海岸と小川が海みに入る地点を確認してまわりました。八浜漁港は昔、締め切り堤防がないときには豊かな港でした。今は、ジャンボタニシがふえておりぶきみです。湖面には不法に投棄された自転車やゴミが目立ちます。このあたりは玉野光南高校のアダプトの看板が寂しくアシの中にあります。八浜で、玉野市議宇野俊市さんをむかえに寄り奥さんともしばらく話をして宇野港へ向かう。この日は天気予報では2日前までは雨でしたが、昨日は大雨ながら今日は良い天気となりました。
 港では、環瀬戸内海会議小西さん、笠岡カブトカニ博物館長浅野さん、岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会会長藤本さん、玉野市議宇野さん、とほかの友人たち、わたくしはおかやま環境ネツトワーク社会環境部会長、瀬戸内海の自然を再生し世界遺産をめざす会、環境省環境カウンセラー、モニターとして呼びかけをして参加でした。おかやまからはまだおおくのひとがさんかしています。
 みんなで、再会をよろこんでフエリーでの20分を楽しみました。直島宮之浦港につき、バスで文教地区(中学校)につきました。1番のりでした。みんなでテントの組み立てや資材の配置もてつだいました。まもなく人がわきだしてきました。1時間ほどで参加者は780人と公表されました。20班に分かれて部隊を編成し準備をしました。主催者直島町の濱田孝夫町長さんから感謝の言葉がありました。ことしは三菱マテリアル直島精錬所の主催での植樹のつどいが大規模に開催されました。わたくしは長年元社長西川章さんへ要望していました。今回の取り組みで感慨もおおきいです。まだ、数年はかかりますが、、、ボランテイアで参加のみなさまの熱意がおおきくかならずできましょう。わたくしも足、腰が動くうちは参加します。植樹は穴もあけやすく、よく準備されており準備がたいへんなこととおもわれます。企業、部落、学生、ボランテイア、、、が汗をながしました。これまでの植樹への参加で多くの友人ができています。約000本の植樹も無事に植樹がおわりました。
 民宿おかださんのおくさんと岡本さんが車で民宿へゆき心づくしの昼食をしました。岡田さんは腰を痛めていて奥さんがかわつて頑張りました。おかださんの苗場には見事な苗樹が1000本を越えており植樹にだせるとこまできました。ウバメガシ、スダジイ、クヌギ、かしわ、椿、胡桃、、、、などが見事に成長しています。
 午後1:30くるまで港にゆき、バスで香川県直島環境センター(豊島産業廃棄物等中間処理施設)、三菱マテリアル直島精錬所内有価金属リサイクル施設の見学をしました。この数年で施設内も山林火災、植樹が進んでおり荒廃した自然が大きくかわりはじめています。ほかの参加者も専門的な質問をしてくださいました。わたくしは10回ほど見学し仲間を同行してきました。問題点が事故のたびに克服されてきているようすがみられます。
 この夏は、直島火祭りが盛大に8月20日(日)予定されています。最大の花火が海上、海岸で打ち上げられます。このときも海にイベント、海水浴、釣りなどのお楽しみ、苗樹の植え替え、環境センター、有価金属リサイクル施設見学、美術館見学などをたのしめるようにしたいです。参加希望者はいまから予定をあけてください。
ご準備ください。また、7月末には豊島では「島の学校」が開催されます。学びと交流のいべんとです。
 環境センターのなかつかさん、かやさん。有価金属リサイクル施設のはたさん、ひらいさんありがとうございました。説明も充実してきました。今回のイベントでボランテイアでご参加のみなさまありがとうございました。帰りは玉野市の宮本さんからドングリのタネをあづかりましたので植え込んでテストをします。ありがとうございました。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-15 06:45