種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

吉備国際大学の学生、「青たんぼ」グループの豊島視察!

   梅雨の直前、2006.6.4岡山県高梁市にあります吉備国際大学で環境を学ぶ学生グループ「青たんぼ」グループ11人(留学生を含む)のみなさまからの依頼をいただき豊島を案内することになりました。学生さんを案内するということは大変大きな意義と責任があります。大学で学ぶことから社会にでて自分たちの目で現実をみて学習をされることだからです。現地に行くまでの皆さんの学習をお願いしています。宇野港で待ち合わせますが、まずここから直島をみながら島々のあいだを通過しつつ豊島に向かいます。美しい瀬戸内海、世界1の光景、、やがて白のシートで覆われた海岸が見えてきます。豊島のほんの1部分ですが、、、よく目立ちます。周辺は潮のながれが早いところです。近くでは岡山の名産ままかりの漁がおこなわれています。
 右に、家島、向島の光景をみて、、左におおきな井島(石島)をみて豊島にと近づく。大昔、この瀬戸内海は海でないときがありました。遠い時代を想像してみましょう。
 今回は、「青たんぼ」の茶谷美紀さんから依頼されたものです。女性5人、男性6人が参加されます。
 わたくしは、現地と連絡をしあい受け入れの準備をしていただきました。現状の産廃の保護状況、直島への運搬の状況、中間保管、梱包、高度排水処理施設,沈砂池(1,2)、産廃の堀削現場、北海岸、「記念館」(資料館)という今をみていただきます。さらに、現地の廃棄物対策豊島住民会議のみなさまとの説明学習、今回特別におねがいして石井亨県会議員のお母さん、児島さん(元会長夫人)、長坂三治さん(現会長の夫人)が女性との交流をしてくださいます。説明は砂川三男前会長さんがしてくださいます。この内容を4時間でこなします。
 わたくしは、はやくに宇野港にゆきみなさまをむかえます。これだけの陣容で吉備国際大学の学生を歓迎してくださいます。
 今回は、歴史と闘争をされて正義のために命がけで暴力とたたかわれた島の婦人のみなさまとの交流を企画してくださり、、。、学生のみなさまが今後の人生で人間を信じてがんばられることを祈念しつつご案内をします。
 世界1の豊かで美し島、、、「豊島」再生への想いを寄せてご案内します。
幸運にも梅雨の前での天気が予報ででてきました。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-31 06:12