種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

  たたらー日本古来の製鉄ー


 ご無沙汰しました。ホームページのアドレス、メイルアドレスを変更してからは、前のホームページは宇宙のかなたでさまとつています。新ホームページアドレスでの接続ができていません。ボツボツ自前でたのしみます。

 千年の森つくり、森の聖はヤフーでもけんさくできます。今は、「森の聖」への書き込みがおおいです。  〈http://blog.goo.ne.jp/goo1941-004/ 〉

 楽しく、一冊の本をみました。財団法人JFE21世紀財団が出した「非売品」です。津山市の図書館で借りてきました。図書館からは週に10冊ほど借りています。

   『 たたらー日本古来の製鉄』

 たたらーとは、日本書記では風をおくる「鞴〈ふいご〉」のことだそうです。後には広い意味での製鉄を意味して、使われてきました。

 この本では、幕末、1830-1860頃の長州藩の、狩野派絵師の作といわれる絵巻図に描かれた「先大津阿川村山砂鉄洗取之図」絵巻ー東京大学大学院工学研究所所蔵の絵解きがかかれています。

 何気ない、農村の風景から、砂鉄の採取の行程がみれます。「鉄穴流し」です。今日の田への水路のごとく水と岩、砂がながされて採取されています。

 砂鉄の運搬では、砂鉄の仲買、原料と製品の運搬が人馬で行われていた様子がみれます。

 木炭の生産では、大炭焼き,カマ。小炭焼きのようすがえがかれています。

  ー鉄の生産ー
 
 山内〈さんない〉、白須山山麓の稼ぎ場が画かれています。-高殿〈たかどの〉、製鉄の中心の行程ー勾配を生かしてながされてきました。「元小屋〈もと小屋〉」製鉄所の本館事務所本〈元〉小屋鉄の加工の行程ー本床乾燥ー本床つくりたたら製鉄。

 大鍛冶〈おおかじ〉最終加工ー鉄の鉄素材製造、のようすがえがかれています。

 これは、今の倉敷・水島のJFE工場の流れ作業が、数100年前に分解解説されたようです。

 自然野山の勾配をいかして行程にあわせた工場が出来ています。作業の様子、仕組み、技術がわかります。

 大鍛冶ー村方-たたら師。鍛冶屋手代ー元小屋手代ーたたら手代。作業の体制がよくわかります。

 鉄穴〈かんな〉流し、たたら炉の地下構造ができるまで、たたら炉づくり、たたら製鉄操業の進行状況、送風の仕組み,大どう場、けらを割る〈鋼をつくる〉、たたら製鉄用の水車機構図、大鍛冶屋の作業の様子、道具・用具もかかれています。

 著者

 天辰 正義  工学博士 川鉄テクノリサーチ

 岡原 正明  分析調査 川鉄テクノリサーチ

 香月 節子  東京農業大学非常勤講師

 日本の夜明けがここから飛躍的な変化・進歩がおきました。

 是非、手に取り見てください。絵本のようです。
[PR]
by urashima77 | 2007-02-09 06:17