種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「森の育て親」植樹のつどい参加者締め切り迫る!

倒木災害をうけて大きな被害を受けた津山市下高倉東地区の森林の再生へ!岡山県農林水産部林政課が取り組みます。昨日(2月25日)津山市高倉公民館で講習会、現場での説明、区割りの抽選がありました。14団体の分担が決まりました。わが「千年の森つくり」グループは玉木正夫、河合義昭、浦島文男が出席しました。1番くじできまりました。
 14団体は、NPO法人明るい社会づくり運動美作地区協議会、NPO法人ナショナルトラスト-チコロナイ、岡山県地球温暖化防止活動推進員「千年の森つくり」グループ、NPO法人農村21ネツトワーク、水と緑の探検隊、エコネツトワーク津山「どんぐりと山猫」隊、株式会社山陽セフテイ、岡山の森を学ぶ会、真庭森づくりの会、津山松愛ボランテイアグループ、石川学習塾、(社)岡山県治山林道協会、JA岡山、緑の回廊。
 津山市から、産業経済部農村整備課主幹米田裕志、主事小橋一仁、岡山県林政課おかやまの森づくり班総括参事宮野一、技師高橋謙治、美作県民局森林課課長吉岡哲哉、総括副参事安東孝次、副参事竺原光男、技師片桐智之さん。
 地元町内会からは田部利夫、杉山昭さんが参加しました。
この度の現場は4部落の共有地でひのき27年樹が壊滅しました。津山市が管理しています。14グループが契約して植樹、管理を5年間します、更新もあります。平成23年3月31日までの契約です。
 3月11日(土)の植樹のつどいでは、1グループ200~260本です。植栽樹種は常緑広葉樹アラカシ、落葉広葉樹コナラ、クヌギ、クリ、ャマザクラ,ケヤキ、ャマモミジの7種です。グループには看板(名札)をつけます。当日は、雨具、軍手、飲み物、ながぐつ(安全靴)で参加。作業用具は準備しています。当日は、大雨、大雪、洪水注意報、警報の発令のときは翌日(12日)となります。参加者はおねがいします。ボランテイア保険は28日締め切り(県)ます。私達のグループは随時、名簿をおくります。
 まだ少し、参加希望者をぼしゅうしています。特に、個人、学生、建設業関係者の参加が期待されています。
 参加申し込みは、氏名、住所、生年月日をメイルでお送りください、、、

  E-mail:urashima77@go.enjoy.ne.jp
[PR]
by urashima77 | 2006-02-26 07:44