種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2006年 06月 26日 ( 1 )

 6月24日、岡山県地球温暖化防止活動推進センターは、推進員の研修を企画しました。この度は、財団法人岡山県環境保全事業団が水島コンビナートの南、水島処分場でおこなつている産廃の処分を視察しました。処分場の概要は、位置ー倉敷市水島川崎とうり1丁目。埋め立て総面積ー962,580平米。埋め立て総容量-13,651,000立米。埋め立て期間ー31年。竣工期限ー平成20年4月14日。建設費ー13,740百万円。施設ー護岸 二重壁鋼矢板工法。 2738,1米x16,0米(幅)。前面,後面は鋼矢板。廃水処理施設 処理能力 4000立米(日)。最大5000立米(日)。
 1,2,3工区さらに追加の準備をしています。この全容の視察をし中平徹也事務局長からの説明をうけました。最終処分場の状態もやがて不足となりましょう。
 
   水島クリーンセンターの視察

 JFEスチール(株)西日本製鉄所倉敷地区にあるクリーンセンターを視察しました.ここは、廃プラスチツクと下水汚泥を同時に焼却し,資源の有効利用をしています。供用開始は平成11年4月、建設費52億円。焼却施設は流動床式連続焼却炉 2炉。焼却能力 275トン(24h)、発電能力 1,200KW。
 全国でも最先端の施設で全国7箇所だけです。スラグの資源としての有効活用をしています。直島町での三菱マテリアル有価金属リサイクル施設と共に今後もおおきな役割を果たしてゆきましょう。

   岡山木質系炭化施設の視察

 株式会社日本リサイクルマネージメント倉敷事業所をしさつしました。設計、施工は、JFEエンジニアリング株式会社。ここは、廃木材貯留スペースで破砕し、ダンピングコンベアーで粗破砕機で50^70センチに破砕し、破砕チツプにし、定量供給機にて二次破砕されます、ここではチツプ状態になります。大阪高槻市ではここからペレツトにしています。徳島上勝町ではチツプを燃料として温泉をわかしてかつようしています。
 ここでは、さらに炭化炉に原料サービスホツパから送り込み炭化します。このエコ炭は、吸着材、レンガ、ブロツク保水材、土壌改良剤、コークスとして製鉄所で活用しています。
 廃材は1トン当たり1万円とつています。この施設は、こんごのエネルギー源として将来飛躍的に拡充されていきましょう。児島湖の水質の浄化、ビオトープの水質浄化などにも広くかつようされます。
 これまでの視察研修では、実のあるものでした。
問題点を、2件、、、、

 1、海岸を埋め立てた分の自然海岸を再生してゆきましょう。
 2、木質炭化施設の最初の行程で重機で破砕、運搬作業員が埃の中での作業なので防塵マスクをしてください。
 今回の充実して研修はおおきな成果がありました、感謝します。
[PR]
by urashima77 | 2006-06-26 06:57