種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー

<   2006年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

1昨年の台風23号倒木災害の山林の再生への苗樹の育成の岡山県農林水産部林政課が参加グループを募集しています。
 募集は10区画ですが、説明会は2月25日を予定しています。又、植樹のつどいは3月11日が予定されています。参加を希望している団体は準備を始めましょう。募集枠から外れてもいつしょに取り組みましょう。
[PR]
by urashima77 | 2006-01-30 21:33
厳しい寒さと大雪が来ています。このところ1週間温度があがつています。本日までは春のようですが、、、。昨日、勝山の倒木災害が酷いところを見てきました。新庄川、美甘までの災害のその後を見ると山が動いています。崩壊が始まりだしています。倒木は雪でくずれだして生活道路へとおそいかかりだしています。美甘では屋根の雪が40~50センチあり、高温と、雨で雪が溶け出して水路は田植え時のような水がながれだしています。山間部では倒木と土砂が谷間の小川に迫り、災害への予兆がみられます(真庭市勝山荒田地区)。水源地区の県北は同じ状況です。この災害の状況はこのブログで「おかやま環境ネツトワーク」ホームページの第2回フオーラムの(宣言文)にも数枚の写真があります。
 台風23号での災害は倒木面積が54市町村で5483ヘクタール、被害額は64億円8196万9000円(岡山県の公表)。16号台風では玉野市で2200戸、倉敷市4300戸、18号では農林被害が甚大でした。
 今週は、大きな寒波が来るようです。雪の対策は生活道路の確保,なだれなどへの対策、屋根の雪下ろし、にはボランテイアが必要です。高齢者には無理です。この倒木災害と、豪雪は過疎化に拍車をかけます。春は緊急事態をむかえます。春、夏、秋の大雨と台風が心配です。
 この気象問題が2.16京都議定書発効1周年記念セミナーで聞いてみましょう!写真と、呼びかけは、このブログで岡山環境保全事業団のホームページ出見てください。地図も掲載されています。
  日 時  : 平成18年2月16日(木)   13:00-16:30(会場12:30)
  会 場  : 岡山国際交流センター(2階)国際会議場
           岡山市奉還町2-2-1
            ℡ 086-256-2000
  講演  1)浜島 直子氏 (環境省総合環境政策局)
            「京都議定書発効1周年をむかえて~目標達成のみとうしと今後の課題~」
          
       2)浜崎 敬氏 (独立行政法人宇宙航空研究開発機構、プロジェクトマネージャー
  参加申し込み(入場無料)
       ℡086-298-1225  E-mail:stopco2@kankyo.or.jp
 主催 財団法人 岡山県環境保全事業団  岡山県地球温暖化防止活動推進センター
 共催 環境省中国四国地方環境事務所
     岡山県
 後援 岡山市,倉敷市,山陽放送、OHK,NHK,岡山エフエム放送

  皆様のご参加をお待ちしています。私も参加します!
[PR]
by urashima77 | 2006-01-30 07:06
 本日は、万年筆の修理で津山にゆき図書館でおもそしろい本を見つけて4冊かりてきた。最近は、文字をみたくないので写真ものを月に30冊ほどかりて楽しんでいます。1冊が10分ほどでみれます。このシリーズは5冊ほどでできています。
 農村、山村、漁村と島、川と湖沼をみた。見事な写真ばかりです。昭和30年代のころの暮らしの状態、田植えの様子、機械も無い時代がなつかしいですね。牛や馬が主役でがんばり牛を使い田仕事をしていました。林業でも馬が木材を引いて出していました。炉辺、囲炉裏暮らしでした。家族、兄弟、親戚、部落で共同で仕事をしていました。
 今とは、暮らしも、仕事もしかたが違いすぎるようでした。今の60~90才の人はまだまだ元気をだすときです。今日の社会を築いてくださいました。30~60才のひとは怠けずに頑張らんといけませんね。
 今回、図書館で借りてきた本は(社)農山漁村文化協会が出版したものです。みんなが元気で、がんばつていた時代でした。是非てにとつて見てください。大いに元気がでますよ。わたくしも懐かしいものばかりで心が充電できました。写真家須藤功さんほかの多くの写真家のご努力に敬意をあらわします。
[PR]
by urashima77 | 2006-01-28 22:17
私の40年来の友人が昨年私の誕生日を記念に、25年間取材してきたものをまとめて出版した。敗戦の8.15を前に生き残りの兵を訪ねてまとめたものです。先の戦争を足で調べてきたせいかです。大陸での戦況を知りたい方へのおくりものです。平和を願う著者の思いがにじみでています。限定出版です。

 「シベリア出兵「ユフタの墓」~大分聯隊田中支隊全滅の真相」
  
 著者  柴田 秀吉 〈しばた ひでよし〉

 略歴  1929年  別府市に生まれる
       
      満鉄大連鉄道教習所電信科卒34期生

      「私の自然記」 〈創樹社〉

      「朴慶植「在日朝鮮人ー私の青春」大田村をたずねて」
        (在日朝鮮人史研究NO、31) 緑蔭書房

      「わたしと山姥殿の自然な共業」
        (女子教育もんだい1997年秋号) 労働教育センター

    出版    2005年7月7日  第1印刷発行
    定価       1500円 (税込み)
    発行    森   宗 明
    印刷    株式会社 クリエイツ
            〒874-0023
             大分県別府市亀川東町4-20
             ℡ 0977-66-3676
[PR]
by urashima77 | 2006-01-28 17:41
 教育をめぐり緊急の課題の一つとして、多くの有識者がボランテイアでの取組みをしてきています。わたくしも最初から支援をしてきました。元気におこさんが育つて来ています。
 美咲町でもご検討されているときいています。もしそうならば運動のほうが先行して行かないとせいこうできません。NPO法人 北海道自由が丘学園ともに人間教育をすすめる会のこれまでの経過をみて、ここまでの苦労を学びましょう。多くのボランテイアが、周辺の、町民の支援が無いと運営できないのです。
 
  http://www12.plala.or.jp/hokjioka/
この、ホームページをみてください。成功をきたいします!
[PR]
by urashima77 | 2006-01-28 07:10
 小春日和の里山で、のんびり自然との共生について考えてみませんか?
自然観察、環境学習、アウトドアでの調理の体験、展示コーナー、体験学習ー待機電力測定、自転車こぎ発電など。企業のブースも多数あります。

 日 時 : 2006年2月25日(土)  9:00-15:00
 
 ところ :  操山公園 里山センター
              (岡山市沢田  ℡ 086-270-3308)
 問い合わせ
       須田(086-943-1449)

主催 岡山県備前民局
    おかやまエコマインドネツトワーク
共催 岡山市

後援 岡山県地球温暖化防止活動推進センター

協力 おかやま環境ネツトワーク
    里山センター
参加費  無料
[PR]
by urashima77 | 2006-01-27 08:13
 我が家に燃料電池が来る日~パート2.体験型のイベントが開催されます。
世界初、燃料電池パフウォーマンス。

 日 時 : 2006年2月18日(土) 午前10時~午後4時
 会 場 : 国際交流センター8階 (岡山駅西口徒歩2分)
 
 参加費  1000円(高校生以下は無料)

     13:00  講師 番場 健司氏  燃料電池でアイスランドを行く!

     4回(10:30,11:20,14:40,15:30)
            燃料電池モデルカーレース
     環境団体の展示、イベント多数

 主催  燃料電池を知る会おかやま  090-5373-6791 赤井

 後援  岡山県 岡山市 岡山県教育委員会 岡山市教育委員会 岡山県商工連合会
      (財)岡山県環境事業団 岡山県地球温暖化防止活動推進センター
[PR]
by urashima77 | 2006-01-26 22:29
昨年、環境省の「環境カウンセラー」の資格を受ける為に試験を受けました。1次試験は、自分の人生でこれまでに取り組んだ活動の報告と、学校や、地域での活動の証明を沿えて、取りくみや考え方を提出し、用語の修正も許されません。私は、自分の50年分の報告と証明をつけて提出しました。学校での卒業証明書、感謝状、、、、なども多数だしました。東京での東大和市長の感謝状、自治会の感謝状、企業の証明書、1級土木施工管理技師、教員免許証,土木監理技術者証、桃太郎塾、アースキーパーメンバーシツプ会員の証、岡山県地球温暖化防止活動推進員の証、取組みの写真なども証明となります。文書は裏表の印刷、、、、、この準備に2~3月がひつようです。自分の人生が見えるように証明します。
 これほどの証明書は放送大学の大学院を受けた時に揃えていましたので不足分だけをそろえてていしつしました。大学院は授業料が高くて辞めました。年金暮らしですから、、、。
 1次テストの審査で小池百合子環境大臣から合格の連絡を12月の末にいただきました。
本日、1月24日大阪の大阪府女性総合センター(ドンセンター)で2次テストを受けてきました.岡山大学,九大、奈良大、、、などの教授との5人のグループでテストを受けました。各人の報告は話だけでした。私は、「瀬戸内海での自然回復への取り組み、岡山県での千年の森つくりへのネツトワークつくりの行動、子どもたちとの苗樹つくりへの行動、台風23号での倒木災害の森の再生への取組み、を具体的に報告、提案」しました。
 わたくしたちのグループは、審査を終えて、環境カウンセラーとして、頑張つてください、、、と審査員から激励されました。今後申請される人には、すべてアドバイスします、お気軽に聞いてください。私の条件は、協会に加入してがんばつて戴く事です。この結果は3~4月にでます。
[PR]
by urashima77 | 2006-01-26 22:01
  2006年 2月16日は、地球の温暖化を防ぐ為に、世界規模でCO2削減を目指して京都議定書が発効されて1周年の記念日です。最近は温暖化の影響で世界規模で異常気象の現象がおき、多くの災害が頻繁におきてきています。最近のこうした問題にズバリ答える研修が開催されます。地球温暖化防止活動推進員のほかの皆様で参加を希望される方は、申し込みをおねがいします。
  京都議定書発効1周年記念セミナー
     -温暖化防止に向けて、世界的な取り組みが本格始動!!-

日 時  平成18年2月16日 (木) 13:00~16:30
会 場  国際交流センター(2階会議室)  岡山駅西口奉還町2-1-1
                           ℡086-256-2000
講 演  京都議定書発効1周年を迎えてーみとうしと今後の課題
                環境省総合環境政策局    浜島 直子 氏
      宇宙から見た地球温暖化ー温室効果ガスを測るー
          独立行政法人宇宙航空研究開発機構  浜崎 敬 氏
問い合わせと参加申し込み
       (財)岡山環境保全事業団 総合企画室  (岡山市内尾665-1)
        ℡ 086-298-1225 フアツクス 086-298-2496
        E-mail:stopco2@kankyo.or.jp
主 催  (財)岡山県環境保全事業団、岡山県地球温暖化防止活動推進センター
      環境省中国地方環境事務所、 岡山県
後 援  RSK OHK NHK岡山放送局 
[PR]
by urashima77 | 2006-01-25 15:38
昨年の親子エコフエスタにつづき第2回目の親子エコフエスタの開催が決まりました。地球温暖化への対処の取組みとして昨年よりも参加団体が増加して開催されます。

 親子エコフエスタ2006

日 時 :  2006年6月11日(日) 11:00~
会 場 :  津山市中心商店街,アルネ津山

主 催 : 岡山県、津山市、(財)環境保全事業団、岡山県地球温暖化防止活動推進センター
運 営 : 実行委員会
イベントの参加者は昨年をうわまわります。今後は、行政,学校、事業所、市民団体で参加を募集し、参加団体者を増やして行きます。

 エコネツトワーク津山
 
  http://www3.tvt.ne.jp/~econet/
http://blog.goo.ne.jp/econetwork/
[PR]
by urashima77 | 2006-01-24 23:46