種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

地球にやさしいエネルギーとは何か。おかやまエコマインドネツトワークが、環境セミナーを開催します。(びぜんみどりのまほろば日記より)

1、 日 時、場 所

 吉永地区 2月12日 (日) 13:00-15:00  吉永町社会福祉センター
 備前地区 2月19日 (日) 10:00-12:00  リフレセンター備前
 日生地区 2月19日 (日) 14:00-16:00  日生地域公民館

2、 内 容
  第1部 「はじめて環境!知る地球」 講師 須田吉男 (岡山地球温暖化防止活動推進員)
  第2部 「環境にやさしいエネルギーでまちつくりー備前ではじまる「太陽と森のエネルギー        事業」事業説明会」
3、参加費  無料
4、主 催
   おかやまエコマインドネツトワーク 備前みどりのまほろば協議会
5、共 催
  備前グリーンエネルギー株式会社
6、後 援
  備前市 備前市教育委員会
7、問い合わせ
 備前もどりのまほろば協議会
      ℡   84-4114

  E-mail:info01@bizen-midori.jp
 
 
[PR]
by urashima77 | 2006-02-07 15:10
 本日は、北海道の古平町のトンネル工事の10周年の日を迎えます。トンネルの崩壊で20人が亡くなりました。この事故の責任が裁判で争われてきました。危険な場所や、危険な道路については道路管理者が当然責任があります。多くの法面の工事をしてきたわたくしはそのことを痛感しています。いづれも防災工事は予算の関係で工事の範囲は制限されています。しかし、工事の発注者も工事の受注者は範囲を検証して見るべきです。この事故も人災なのです。裁判は別でしょうが。この事故から学ぶ事は岡山県にも幾つもあります。湯原への国道、御津への川沿いの国道はきけんです。無駄な工事が続いています。危険を避けるにはトンネルとか、道を交わす事がいそがれます。危険なところに間に合わせの工事をしても無駄です。高梁川水系にもあります。危機管理について今一度考えましょう。1昨年の台風23号他の台風で危険な場所がふえてきています。
[PR]
by urashima77 | 2006-02-05 21:12

湯郷への旅

2006.2.5 朝、「今日、如何するの?」。妻がはなす。今日は、苫田ダムの視察をするか、柵原の鉱山博物館と鉱山電車を見に行くか。そんなはなしをしていたら、、、、雪が降り出した。寝るか、、、。そんな話をしていたら雪もおさまる。よねざわにゆき5りつとるの麦焼酎を買い、ナンバにてふろのせんの部品を求める。津山観光センターに行き、湯郷のパンフをもらい竹亭にでんわをいれて食事と入浴のお願いをいれる。もう昼が近い!しかし、車で30分です。湯郷にはこれまで数軒のお世話になつてます。この度の竹亭は妻が友人と数回お世話になつています。湯郷温泉街を1望する宿です。わたくしはまづ宿を見てこの規模ではかなりの客数の確保ができなくば大変だとおもいました。これは大分別府温泉でもおなじでした。宿はなかなかでした。カニ会席をたのんでいた。ホームページも見てのことです。料理も大変なものでした。わたくしも妻も肩を病んでいますのでありがたい1日でした。実は今後つかえるかの下見です。一応合格ですが注文もあります。観光協会のホームページと違うとことがありました。40年ほど前に組合の全国大会をこの地で開催した事を今検証しています。やさしさの宿がこの宿のキャツチフレーヅでしょう。美作では竹は資源です。この宿の竹がきにいつています。食事も、温泉も素晴らしいです。しかし、食事の部屋はふすまなので話が皆聞こえます。工夫が欲しいです。湯郷は宿もいずれも最高で、おおくの団体をお受けできます。是非とも ごりようください。外でのお遊びは自己責任でお願いします。じゅうぶんのものがありますよ。関西からのお客さんがおおいでしょう、大阪、神戸の皆様にもおすすめです。カニもおいしかつたですよ。おせわになりました。
      http://www.chikutei.co.jp
[PR]
by urashima77 | 2006-02-05 20:47
環境省中国四国地方環境事務所から、平成18-19年度の環境モニターのご連絡をいただきました。平成18年4月委嘱状交付式があるとのことです。わたくしはこれまで瀬戸内海の自然再生の取組み、国立公園エリアの県南部をパトロールもしてきました。金甲山、貝殻山、更に児島湖の水質、環境問題、県北部の森つくり、台風23号での倒木災害への支援を呼びかけてきました。広葉樹の苗樹つくり、植樹(直島他、、)の取組み、岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会事務局長としての取組みを推進し、緑の創生への「千年の森つくり」ネツトワークつくりの取組みをしています。環境、公害、災害、再生、創生への取組み、コミュ二テイの構築が欠かせずがんばつて行きます、多くの人との出会いを日々たのしんでいます。
[PR]
by urashima77 | 2006-02-05 07:58
みなさま今朝はかなりの雪です。そとは真白な銀世界です。今日から「春」ですが、、、、?
私のホームページと、ブログのアドレスをかきます。

  (有)ウラシマ緑化研究所
  http://ww6.enjoy.ne.jp/~urashima77

E-mail:urashima77@go.enjoy.ne.jp

「千年の森つくり」
  http://ryokka.exblog.jp
E-mail:urashima77@exicite.co.jp

  地球温暖化防止活動の推進、森つくりのために、自立したエネルギーの確立のための取組みと情報の発信を続けます。皆様のイベントをお知らせください。ともに頑張りましょう。

      2006.2.4                          浦島 文男
[PR]
by urashima77 | 2006-02-04 08:37
先に発表しました「森の育て親」の岡山県農林水産部林政課の取組みが始動します。岡山県林政課から連絡が来ていますので、趣旨を発表します。岡山県地球温暖化防止活動推進員の皆様、アースキーパーメンバーシツプ会員の皆様、おかやま環境ネツトワークかいいんのみなさま、ほかにボランテイアをされているみなさまへ情報の提供と、3.11植樹のつどいへのご参加と今後5年間の保育や管理、学習に参加を希望されるみなさまにご参加をよびかけます。参加を希望される方は、氏名、生年月日、連絡住所、お電話(メイル)の登録をおねがいします。わたくしはこのブログ(ホームページ)で発表します。みなさんみてください。みなさまからの連絡でお伝えするものも発表します。ボランテイアですので費用は賭けれません。ご協力おねがいします。

 「森の育ての親」植樹のつどい実施要領

 1、日 時   平成18年3月11日 (土)  9:00-12:00
 2、場 所   津山市下高倉東地区 (集合:津山家畜保健衛生所。現場近く)
 3、主 催   岡山県
 4、参加者  「森の育て親」12グループ
 5、内 容   9:00          集合、開会
          9:10-9:30     作業内容の説明
          9:30-9:45     活動予定地へ移動
          9:45-11:45    植樹
          12:00          解散
 6、その他      
          雨天決行 (雨具持参)但し、大雨注意報、警報羽発令時などの荒天時は、翌
          日に延期。
          弁当、お茶は各自持参してください。主催者で障害保険に加入します。
          駐車場は、津山家畜保健衛生所です。作業が出来る服装、長靴できてください
 
 7 、参加希望者
          2月17日までにご連絡を、おねがいします。(メイルでよいです)。      

 8、、現地打合せ,講習は1グループ3人が参加して、2月25日(土)10:00-12:00津山市
   高倉公民館でかいさいします。(℡0868-29-1513)

    連絡所
          岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会
                                事務局長   浦島 文男
            美咲町錦織1901-3  ℡ 0868-66-0851 090-4896-7930
       http://ww6.enjoy.ne.jp/~urashima77
http://ryokka.exblog.jp

E-mail :urashima77@go.enjoy.ne.jp (有限会社ウラシマ緑化研究所)
      
   このブログからリンクで岡山県、農林水産部林政課で内容をみれます。
   
[PR]
by urashima77 | 2006-02-03 20:28
津山市の市長選挙が3月12日の告示.3月12日から18日までの選挙で、3月19日が選挙です。3月13日から18日までは期日前投票がおこなわれます。津山市は歴史に残る大変な事態です。先の衆院選挙では自民党が敗北しています。平沼赳夫さんは無所属での勝利です。今回の市長選挙は政党ではなくて候補者個人の人格、政策で争う事が期待されます。先の合併に反対した周辺の町村も注目しています。わたくしたちは同じ美作県民局の1員として注目しています。せめて投票率は70%を超えて欲しいです。
[PR]
by urashima77 | 2006-02-02 20:23
 
 瀬戸内海の景観、歴史、文化、そして環境について考える
    ~子どもたちの未来のために~

瀬戸内海国立公園に昭和31年の第3次で追加指定された「金甲山、貝殻山、高島)は平成18年5月で指定50周年を迎えます。瀬戸内海の古代から今日までの問題について考え未来の子どもたちに受け継いでゆけるように記念事業として取り組まれます。

 日 時  平成18年4月30日 (日) 13:00~17:00

 場 所   おかやま桃太郎荘

 基調講演とシンポジュウム

     講演  西田 正憲 (奈良県立大学教授)       13:00-14:00
  
     シンポジュウム     桃太郎荘             14:00-17:00
           ー(表題)-
        コーデイネーター  実行委員長  千葉 喬三 (岡山大学学長)
        実践報告   小串、甲浦小学校、光南台中学校
     パネルデスカツション (パネラー)
        秋元 雄史 (直島地中美術館長)
        赤枝 郁郎 (時事評論家)
        石井  亨  (香川県議)
        藤原瑠美子 (NPOグリーンパートナーおかやま理事長)
        市場昭三郎 (小串連合町内会会長)

     交流フエスタ  (駐車場)
     懇親会 (桃太郎荘、大広間)                18:00-20:00
     プレイベント    (2月15日~4月16日)
       クイズは、インターネツトで出題されます。
     主催
      瀬戸内海国立公園「金甲山、貝殻山、高島」指定50周年事業実行委員会
     事務局
      NPO法人 グリーンパートナーおかやま
       http://www.h2.dion.ne.jp/~npo-gpo
       〒 702-8011 岡山市郡12-2  藤原 瑠美子 (代表)
        ℡ 086-276-2478   フアツクス 086-276-2478
        E-mail:npo-gpo@m5.dion.ne.jp
[PR]
by urashima77 | 2006-02-02 14:59
化石燃料の大量消費が進む中、先行きが危惧されだしてきています。昨日(2006.2.1)NPO法人 おかやまエネルギーの未来を考える会(広本悦子会長)の主催で、岡山県ゆうあいセンターで開催されました。日本でも自然,新エネルギーの普及が急がれることを熱くお話くださいました。講師の和田武先生は3年ほど前に広本悦子会長とともに中央町(現、美咲町)での地球温暖化防止活動推進員研修でお話をいただきました。このあいだに地球温暖化の進行とエネルギーの危機が迫つてきています。岡山県や全国でも取組みが急速に進んできています。今は、市町村、県、政府への取組み、政策の転換をもとめてのネツトワークつくりがいそがれます。政策の転換は急がれます。ドイツ、イギリス、デンマークに追いつくように頑張りたいものです。岡山県の市町村、岡山県、企業、民間での取組みが急がれます。是非、みなさまのご近所でも先生のお話を聞いてください。広本悦子さんのお話を聞いてください!

  NPO法人 おかやまエネルギーの未来を考える会
    
    〒 704-8182 岡山市広谷357-5
    ℡ 086-943-1831  ファツクス  086-943-0716
    E-mail: okayama-enemira@proof.ocn.ne.jp
http://enemira.milkcafe.jp/
    会長  広本 悦子

  和田 武  (立命館大学産業社会学部教授)
    
     1941  和歌山市生まれ
     1965  京都大学大学院工学研究科修士課程終了
      立命館大学産業社会学部、教授 、工学博士
      専門 環境保全論、 資源エネルギー論
      
     著書 「地球環境論」 「新、地球環境論」(創元社)
         「環境問題を学ぶ人のために」(世界思想社)
         「地球環境問題入門」(実教出版)
                         他、多数あります。
[PR]
by urashima77 | 2006-02-02 10:33
瀬戸内海の島、土庄町豊島には産業廃棄物の不法投棄があり島の人の大きな永年の闘いで解決を迎えつつあります。多くの弁護団、環境団体、個人の支援がよせられました。昨年の夏の豊島での「島の学校」の分科会でこの構想がでました。早稲田大学永田勝也教授を中心にして参加者の研究者、大学教授が賛同されて準備がすすめられてきました。
 豊島での産廃問題を教訓として全国に発信してゆく事になる模様です。

 準備会の開催

  日 時 : 2006年3月11日 (土)  13:00-16:00
 
  会 場 : 豊島公民館 二階 (郵便局の隣)
          港から徒歩で10分

 呼びかけ人
  
   安岐 正三  (豊島住民)
   曽根 英二  (山陽放送)
   長嶋 俊介  (鹿児島大学)
   永田 勝也  (早稲田大学)
   中地 重晴  (環境監視研究所)

 問い合わせ

   〒169-8555  東京都新宿区  早稲田大学大学院 理工学研究科
         環境、エネルギー専攻永田研究室
   ℡03-5286-3248 (内3116)  フアツクス 03-5272-4386
  
   E-mail :kazuaki4491@suou.waseda.jp
 担当 寺嶋 和彰  (永田研究室)

  豊島、産廃問題に関心のある方は、問い合わせをしてご参加ください。

  わたくしはこの日津山で林政課の「森の育ての親」の植樹の集いに参加しますので、でれません、、、。

   
  
[PR]
by urashima77 | 2006-02-01 10:04