種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

故郷は日本!というようになりました。日本には多くの河川があります。戦国時代、江戸時代、、、ダムができるまでは大きな河川がある所では水は世界とつながり水運が産業,交易、文化にもつながり、、戦争にも大きな役割をはたしてきました。
 今の河川は如何でしょうか?川は、自然、環境、文化、交易、産業を分断して死滅してしまいました。河川の上流では材木や荷物の運搬路として期待されて活躍してきました。しかし、ダムがつくられて海と分断されてしまいました。多くの井関も同じように河川の役割を破壊してきている。支流では川とさらなる上流とは1~2メイトルを超える段差が多い。魚も水生生物が生命、生活の場が分断されてしまい、そのような誤りがまかりとおつている。最近は小河川にも魚道がつくられている。奥津、西粟倉地区でみられる。

  公共事業のありかた、「川の再生へ」設計を全国で改めよう!

 大規模な井関、全てのダムにはバイパス、水路を建設し、運河のように高瀬舟が遡上できるようにしましょう。なぜでしょうか。ダムを壊すより良いでしょう。今現実のものとなる、地球温暖化の進行と、化石燃料の枯渇が近づいてきています。自然エネルギー、新エネルギーの創造が緊急なのです。河川もまた蘇れ、です。石油の枯渇が近づき、バイオマス、木炭,木炭自動車、、、と歴史がもどります。交通、交易の要路として見直しましょう。道路に湯水のごとくお金を投入していくのは改めましょう。

 自然との調和でのみ人間は生きつづけれます。

 今、一昨年の台風23号での倒木災害での倒木処理はこのところ急速に進みだしてきています。しかし、見たところまだ、、、40%に及んでいない。しかし、人命、人家の裏山の崩壊地、津山市上横野地区は恐るべき倒木の処理がすすんできています。嬉しい事です。関係者のみなさまのご努力に敬意を表明します。しかし、まだ少しあります。更に加茂地区も被害がおおきいのです。更に、丸坊主の広大な山を植樹を急ぎましょう。

 豊かな森林の再生、創生を急ごう!

私達は、エコネツト美咲で、旧打穴小学校の生徒とドングリのタネ(広葉樹)を8万粒うえこんでいます。昨年は1-2年物の広葉樹の苗樹を奥村忠夫町長ほか100人のボランテイアが植樹の集い「美しい美咲の森つくりの取組みをしせいこうしました。自分たちがタネを採取し、植え込んで管理し、植樹しました。
 3.11「森の育て親」の植樹のつどいが協働のとりくみとして岡山県林政課が企画しボランテイア14団体が津山市と協定して5年間植樹地を各団体が1へクタールを苗樹の育成管理。植え替え、下草刈をしてゆきます。わたくしは「千年の森つくり」グループの代表として今後は多くのみなさまがボランテイアとしてご参加、御支援くださるようにお願いします。瀬戸内海の小豆島、豊島、直島にも苗場があります。

 公共事業の入札の参加条件にボランテイアの参加を必要条件にしてください!

国や、県、市町村では、入札の条件に各種のボランテイアへの企業の参加を義務づけてください。予算も限られています。森つくり、川の再生、、、、などのボランテイア参加団体で頑張る企業はポイントを上乗せしてあげましょう。何もしない企業は入札から排除してゆきましょう。

 児島湖の再生へ、、、、本気がひつようです。

今、河川への汚水は、家庭、企業から汚水がながれています。点検して改善しましょう。下水幹線の拡大、家庭とつないでください。児島湖ほかの関連浄化センターを早く増強しましょう。緊急の課題です。又、児島湖の水門の開閉、バイパスの確立も必要です。対応を急ぎましょう。倉敷まで船で行けるようにしましょう。この川と、児島湖の水質の改善を実現しましょう。私達ができること、なすべき事は次世帯の為に頑張りましょう。
[PR]
by urashima77 | 2006-03-28 22:14

 合 格 通 知

             浦島 文男  殿

 あなたは、環境カウンセラー登録制度

 実施規定(平成8年環境庁告示第54号)

 に基づき実施した平成17年度環境カウ

 ンセラー審査に合格されましたので通知

 いたします。

 平成18年3月22日

  環境大臣   小池 百合子 (印)
[PR]
by urashima77 | 2006-03-25 16:45
先日、平成18年2月25日土庄町豊島(旧豊島村)の「廃棄物対策豊島住民会議議長砂川三男さん、西口清次さん、三井弘一さんから、「豊島楽会設立準備会の開催について」のご案内をいただきました。又、昨年の秋から豊島住民会議、豊島応援団(旧弁護団)、早稲田大学永田研究室との間で豊島学(楽)会の設立が準備されてきました。
 この間、毎年4000人ほどがけんがくにきています。産廃はすでに15%をこえて直島において無害化処理がなされてきています。しかし、あと10年の月日がひつようです。豊島を材料に関心のあることを記録、議論、研究する場として会の設立が現実のものとなりました。豊かな島、自然と水が蘇る島に1日も早くなるように願い設立をお祝いします。現場で、島の皆様の力になれるようにがんばります。
 この呼びかけをしてくださいました5人、安岐正三さん、曽根英二さん、長崎俊介さん、永田勝也さん、中地重晴さんには感謝したいです。わたくしは豊島問題には環瀬戸内海会議の会員として未来の森の下草の刈り取りや、タネの採取、苗樹つくりのテスト、植樹、オリーブの研究もしてきました。土嚢工法のテストもしてきました。石井亨県議の選挙にも泊り込んでのおうえんもしてきました。島のみなさまや多くのボランテイアの皆様に学んできました。
 島の過疎化の進行と高齢化がすすみ10年後までは待てません。産廃の処理の推進と同時に他の場所の不法投棄の場所の解決も同時にすすめて10年内の解決を期待しています。
 又、今1番必要なのは豊島の自然と、環境、生産、生活の場の再生と創生をすすめて人口の1327人を、5000人ほどに、仕事の場の開拓、コミニテイの推進で新しい交流の場ができてゆくことをきたいしています。島で暮らして下さる人が増える事を期待しています。

   「豊かな島づくりへー提案ー」

 豊島の今、、、!

 周囲18㌔メイター、檀山340メイター、562世帯、1327人、高齢者人口42%。

 海岸(海水浴場)、つり宿の整備
  
   -宮の浜、神子浜、王子ヶ浜、唐と港、北の浜(産廃現場)などを整備し民宿を配置する。

 磯釣り場の整備、安全対策の確立

    ー 島の周囲と近くの島々

 他の不法投棄場所の調査、処理
 
 漁業振興計画

     ー養殖漁業センター設立、加工施設の基地整備(家浦,唐と港)

 家浦港の整備、拡大

 フエリー航路の整備

      - 宇野港ー直島(本村港)-豊島ー小豆島ー神戸  ( 航路開拓)

 農業

       - 稲作、畑作、、、可能な不耕作地の管理、運用策の確立

        -イチゴ   生産地区拡大 (島の外からも参加者の参入)

        - オリーブ  栽培地区の拡大、工場誘致

          -野  菜  季節調整型の高価野菜の栽培

 道  路  農道の整備、延長

 住居地区 今後の災害対策で住宅団地 用地の整備  ヘリコプター専用基地

 林業、森林

          -檀山地域のスダジイの森の自然の保護

           -急勾配山岳地の森(広葉樹)、土嚢工法でのタネからの千年の森作り

 安定勾配地

           -森林公園、亜熱帯性気候植物園

            -虻山地区の開発、創生

            -民間用地を国、県、土庄町で買収し、広葉樹の千年の森作り

            - 花、野菜、果樹、苗樹センターの栽培地

            - 島での、ゴミの処分場(地下にさげて作る(海からの景観対策)

 北海岸の自然環境の再生

             -土壌改良対策で(土の搬入)による自然の回復

             - 岩盤の山には土嚢工法で、森つくり(タネを植え込む)

 産廃の記念の森(公園)つくり 記念館を古民家の移設

 産廃の研修施設建設(大学,高校ほか中,小の生徒の学習を受け入れる、研究所設立)

 島に住む住民の増加対策

     1、団塊の世帯が就労し、暮らせれる条件の整備

     2、新住宅、空家の活用整備

     3、老人ホーム建設、診療所整備  緊急へリコプター基地

     4、コミュ二テイの交流センター建設。

エネルギー問題

 -    - 自然、新エネルギーの採用で、自立をかくりつします。

 食糧問題
       ー 自給自足が原則です。


                                                以上

  みなさまのご意見の素材にしてくだされば幸いです.

    瀬戸内海の自然を再生し、「世界遺産」をめざす会  (浦島 文男)
[PR]
by urashima77 | 2006-03-23 09:17
岡山県政策審議監室から夢づくりモニターの会議資料がとどきました。昨年、岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会は組織を立ち上げて美作県民局小林局長、ほかの幹部と懇談して、協働の取り組み、研修、倒木災害の再生への取組みをようぼうしました。又、県庁に生活環境部中野行雄部長ほか幹部を訪ねました。また治山部長には、倒木処理をお願いし、困難の中の奮闘に感謝しました。各部への要望をだしました。今回は、私達の要望が大きく実現されます。主要な課題と、予算をご紹介します。特に、要望していた研修が大きく前進します。推進員は、県民局とも連絡をとり、この事業のおおきな成功へ協働の取組みをしてください。推進員は岡山県石井正弘知事の委嘱を受けています。成果があがるよう頑張りましょう。

  平成18年度、重点施策別予算の概要、、、、、より。

 新)安全、安心おかやま地域防災力強化事業             1,000,000(千円)
 新)児島湖協働研究、環境学習支援事業                    5,359(千円)
 新)浜と取り組む海上ゴミ等対策事業                      4,000(千円)
 新)おかやま木質バイオマス利用開発推進事業                2,684(千円)
 新)風倒木等活用治山施設整備事業                      30,000(千円)
 新)全国都市緑化フエア推進事業                        40,000(千円)
 新)アズベスト対策事業                              12,138(千円)
 新)地域環境パートナーシツプ推進事業                     3,600(千円)
 新)地球温暖化防止対策パワーアツプ事業                  15,953(千円)
 新)おかやま、もつたいない運動推進事業                   12,918(千円)
 新)児島湖資源循環システム実証事業                      9,648(千円)
  産業廃棄物処理施設等建設促進費[債務負担行為]
      期間 平成18年度ー31年度   限度額           11,000,000(千円)
 新)水生植物等未利用資源活用促進事業                    4,225(千円)
 新)「地球に優しい暗渠背水」実証研究モデル事業                3,200(千円)
 新)2007年問題ー対応事業                             14,601(千円)
 新)ふるさと回帰促進事業                                6,500(千円)
 新)中山間”地位力”向上推進事業                         27,000(千円)

  ( 項目だけ、書きました)
[PR]
by urashima77 | 2006-03-18 16:45

 岡山県久米南美しい森つくりー「保育のつどい」。昨年は、1昨年植樹した苗場の下草刈り取りがありました。今年もあるでしょう。多くの皆様のご参加をおうけします。氏名、生年月日をれんらください。(ボランテイア保険のためです)。

  美しい美咲の森つくり、、、、エコネツト美咲!

 昨年、9月25日、エコネツト美咲主催、美咲町後援で広葉樹の森つくりでの植樹をしました。美咲町打穴小学校の生徒と広葉樹のタネから育成した苗樹を植樹したものです。今年は、4月から補植をします。夏場には下草の管理をします。この場所は、危険もなく安全にたのしめます。蜂の巣がありますので、現場の湿地の周りはご注意ください。樹種は近くで採取された広葉樹のタネからいくせいしています。子どもエコクラブの体験、学習を希望の方はごれんらくください。
[PR]
by urashima77 | 2006-03-16 13:02
 岡山の森は、公害、災害、、、地球温暖化の気候変動の影響で厳しい姿になりはてています。先の、3.11-「森の育て親」の植樹が成功裏におわりました。しかし、森つくりはこれからです。5年間管理をします。枯れる苗樹は捕植をし、概ね8月には下草刈り取りもつづけてゆきます。関心のある方のご参加をお待ちしています。(現場は、倒木があります、足元がわるいですので怪我をしないようにご注意ください。)

 広葉樹の苗樹つくりに、ご参加ください、、、、。

 美咲町打穴里の「打穴小学校」(まもなく閉校)の中庭の旧打穴幼稚園ーエコネツト美咲の事務所前で広葉樹のタネからの苗樹の育成場があります。昨年末12月に広葉樹のタネ80000粒ほどをプランターやポツトに植え込んでいます。これから、、4月~6月へ更に植え替えをしてゆきます。夏には、日々の水管理があります。2~3年は育成管理をします。

 瀬戸内海の島でも苗樹の育成中です、、、、、。

 美しい瀬戸内海の小豆島では寒霞渓の自然の再生へ苗樹の育成と、毎年広葉樹のタネの植え付けをしています。豊島、直島でも苗樹つくり、直島では山林火災跡地への植樹ボランテイアにさんかしています。この度は、3.11-植樹の集いには民宿おかだ主人岡田實さん3人がきてくださいました。直島では、香川県環境センター(豊島産廃中間処理場)、三菱マテリアル有価金属リサイクル施設での見学、学習もできます。是非皆様のご参加もきたいしています。4月から6月までにはゆきます。
 夏場は、乾燥がすすみますので水管理、が7,8月には必要です。台風のシーズンがきます。

 広葉樹のタネの採取をしてみませんか!

 ここ2年間、地球温暖化との関連でしょうか、夏は猛暑、おおきな台風が岡山と瀬戸内海をおそいだしています。森の崩壊だけではないのです。広葉樹のタネが「激減」しています。アカガし、スダジイ、、、などがほとんど採取できていません。千年の森の危機が起きています。樹齢500年ほどの大木が倒れています。豊島檀山でもスダジイが被害をうけて折れました.タネはさいしゅできませんでした。瀬戸内海が、岡山県の亜熱帯性気候になると言われています。激変してきた森を観察ください。
 9月からは12月へ向けて、落葉広葉樹、常緑広葉樹とタネの採取をします。直島、豊島、小豆島、岡山県、後楽園、、、などで採取して植え込みます。参加希望者は大歓迎です。子どもエコクラブでの体験学習だいかんげいです。

  平成18年3月21日 13:00-16:00 森のやくわり、、、、高梁勤労青少年ホーム

 岡山県地球温暖化防止活動推進員 さわやかエコクラブとサポーターヅ代表橘里子さんがイベントをきかくしています。私もおうえんにゆきます。台風23号倒木災害、地球温暖化の影響での災害。森つくりへの取組みの紹介で200枚ほどの写真も展示の予定で持参して行きます。近くのみなさまのご参加を期待しています。
 我が母校早稲田大学と、吉備国際大学のボランテイアグループは、森の管理の取組みをしています。(東京からのメツセージ)。日々の取組みで自分たちが生き続けれるように環境、自然の再生、創生の取組みを続けましょう。
[PR]
by urashima77 | 2006-03-16 11:22
 本日(3.16)小泉メールマガジン 226号で、環境大臣小池百合子さんのメツセージが掲載されています。おくられてきました。
 3月20日から、環境省地方事務所、労働基準監督署にて「特別遺族給付金の請求、など、、」をうけつけます。問い合わせは℡0120-389-931 です。まわりに対象のかたがいましたらおしらせください。
[PR]
by urashima77 | 2006-03-16 09:54
3.11-植樹のつどいが無事に成功しました。作日からの準備の舞台裏をご紹介しましょう。参加の皆様のご奮闘には、こころから感謝をしています。
 昨日(3.10)は岡山県地球温暖化防止活動推進員、美作協議会会長の藤本晴男さんを訪ねました。美作協議会の今後の取組みの相談と、2日後の津山市長選挙のけんでK候補の話を聞きました。先には美咲町のエコネツト美咲玉木正夫さんと、3.11当日朝の作業の打合せをしました。この日は、ADSL-DEODEOが休みで、よるにはエコネツトワーク津山の会員向けのメイルを打ちました。安全対策とそのための作業の準備をしましょうとのメツセージのためだす。さて、いよいよ3.11当日です。高知からくる田村昌土さんが、電車に遅れた、、、電話が来ました。直島3人衆(民宿おかだの岡田實、苗樹の育成で協力くださる大月主計、今回始めて参加の岡本勝男さん)が朝6:00のフエリーできてくれます。宇野港には6:20につきます。6:10に田村君から電話が来る。岡山駅6:10の津山行きの電車に遅れた、、、。今直島の3人がフエリーで宇野港にむかつている。玉野市の宇野俊市議にでんわをして、、と番号をつたえる。これで、7:22の亀の甲駅での迎が消えた。妻の洋子は、夜から卵をゆでたり、おにぎりの準備、、、などに追われている。少し米が足りずもう少し煮込んで握りを創るとがんばる。朝7:00に家を出る。7:28現場に着く。津山家畜保健所を確認し、現場に荷物を置いて、妻を家に帰して弁当を頼む。来るまえに電気釜のすスイツチを入れるのを忘れた、、、、のです。時間が心配です宇野君から電話が来る。田村君の電話は野々口でうける、もどれないので行く。田村くんは電車できていただく。またか?との不安がよぎる。 朝7:30から玉木正夫さんと2人で現場の倒木の切込みをしました。安全通路を完成させる。わたくしは、、 作州街道との交差点で待ち番をしました。藤本晴男さん、河合義昭、永見千夜子さん、竹内啓之さん、宇野俊市さんが直市3人衆を乗せてつきました。美咲町錦織西部落の三船 寛文区長、妹尾伸吉さんが来てくださる。
 9:00が近ずく、私も集合の会場に行く。おかやま環境ネツトワーク伊丹正和さん、すこしおくれて岡山地球温暖化防止活動推進センターの中平徹也さんが来る。作業の打合せの後、現場での説明後宇野俊市さんには田村昌土さんの迎を津山駅へ迎に行くよう頼む。世話をやかせることです。みんなで植樹の作業をしました。植え付けは11:00過ぎにはほぼおわる。ようやく田村君が来る。残りの植樹は田村、宇野君に頼む。藤本くんにはお茶とバナナを頼む。11:15ころ打合せをしていたら、、、、我妻の浦島洋子がおにぎり、ゆで卵、お茶、おしんこ、、、、などを準備して届けてくれる。昨日、2人でコープで買い物をしていたものです。
 本日は18人が参加してくださいました。感謝をしています。我が家のまごが怪我をして、腕を骨折していますので、、、妻は病院へ連れてゆきました。私は、、、老人会の総会への準備で役員会の事や、衆議院議員の美咲町(中央地区)後援会の設立の会議があるようですのでこれから5:00に亀の甲に行きます。
 本日の、植樹に参加くださつた皆様に感謝しています。
  参加者は、玉木正夫、浦島文男、浦島洋子、河合義昭、藤本晴男、梶谷圭史、永見千夜子、三宅賢典、竹内啓之、宇野俊市、岡田實、大月主計、岡本勝夫,妹尾伸吉、三船寛文,中平徹也,伊丹正和、田村昌土の18人でした。
 8月には苗樹の保育(下草刈)を予定しています。多くの皆様のご参加をお願いします.

http://ryokka.exblog.jp 千年の森つくり       浦島 文男



 
[PR]
by urashima77 | 2006-03-11 16:30
 3月11日植樹のつどに参加のみなさまへのおねがいがあります。
現場は足元がよくないところが数箇所あります。安全の為のは法面をたてにロープを使い下るところ。倒木を切断して、横移動できるような準備も必要なところがあります。
 「千年の森つくりグループ」は安全の為に準備をしています。当日はあさ7:30から玉木正夫さまがチェンソーで倒木をきり作業をします。作業が安全に推進できるように準備をします。朝早くこれる方は来てください。お願いいたします。
 千年の森つくりグループ    浦島 文男
[PR]
by urashima77 | 2006-03-08 16:57
真庭市は「水と緑、人と文化を未来につなぐ賑わいの「杜市」真庭」をめざし、環境施策の基本となる「真庭市環境基本計画」を策定しています。「環境」とは何か、環境方針はどうあるべきか、市民と考える為に今回はフオーラムのかいさいをします。

 日 時  2006年3月26日 (日) 14:00~

 場 所  久世公民館

 基調講演  「市民レベルでできる地球環境保全」


      池田 満之 氏 (環境アセスメントセンター西日本事業部社長)
 事例発表
     市民会議メンバーによる取組みの発表

問合わせ 真庭市環境課 0867-42-1113
[PR]
by urashima77 | 2006-03-07 17:45