種から苗をつくります。


by 太郎さん(太郎ちゃん)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2006.3.11 津山市下高倉東地区の倒木災害地の1部を植樹しています。岡山県林政課が県内に呼びかけて「森の育て親」のグループを募集したものです。私たちはこのブログにもかいていますが、、岡山県地球温暖化防止活動推進員の千年の森つくりグループ、美作協議会、おかやま環境ネツトワーク、おおくのボランテイアのご参加で植樹をしました。津山市との5年間の契約で保育、たれた場合は植え替えもします。苗樹は99%元気です。(5.30視察)。保育(下草刈り)のつどいをします。ご参加を希望のかたはご連絡ください。いつでも歓迎します。また、親子、学校、こどもエコクラブのみなさまのご参加や、見学の希望者もかんげいします。

   1、日時  2006.7.22  (土曜日)   10:00現地集合
 
   2、場所   津山市 下高倉 東 飯山866-17
            ( 家畜保健所の先です)
   3、天候   雨天でも見学は行います。用具は準備しています(県林政課)

   4、終了後は、「横野の滝」にて、流しソーメンとおなかいつパイ食べましょう!

   5、「倒木大災害地ー上横野」視察。(13:30-14:30)

 今、真庭市見尾地区の国道災害(土砂の崩落)、上横野地区は倒木が片付いた山で公開が起きています。(5.30)。こんごは片づけができていない右の山が大きく崩壊をはじめます。今後は横野地区全体が災害と洪水の危険の中にあります。宮川水系、吉井川水系は厳重な注意が必要となつています。まづは災害地を見てください!

  途中からの参加もかんげいします。

    E-mail:urashima77@go.enjoy.ne.jp  携帯090-4896-7930
ウラシマ緑化研究所   浦島 文男  (環境省 環境カウンセラー、モニター)
[PR]
by urashima77 | 2006-05-31 07:00
   梅雨の直前、2006.6.4岡山県高梁市にあります吉備国際大学で環境を学ぶ学生グループ「青たんぼ」グループ11人(留学生を含む)のみなさまからの依頼をいただき豊島を案内することになりました。学生さんを案内するということは大変大きな意義と責任があります。大学で学ぶことから社会にでて自分たちの目で現実をみて学習をされることだからです。現地に行くまでの皆さんの学習をお願いしています。宇野港で待ち合わせますが、まずここから直島をみながら島々のあいだを通過しつつ豊島に向かいます。美しい瀬戸内海、世界1の光景、、やがて白のシートで覆われた海岸が見えてきます。豊島のほんの1部分ですが、、、よく目立ちます。周辺は潮のながれが早いところです。近くでは岡山の名産ままかりの漁がおこなわれています。
 右に、家島、向島の光景をみて、、左におおきな井島(石島)をみて豊島にと近づく。大昔、この瀬戸内海は海でないときがありました。遠い時代を想像してみましょう。
 今回は、「青たんぼ」の茶谷美紀さんから依頼されたものです。女性5人、男性6人が参加されます。
 わたくしは、現地と連絡をしあい受け入れの準備をしていただきました。現状の産廃の保護状況、直島への運搬の状況、中間保管、梱包、高度排水処理施設,沈砂池(1,2)、産廃の堀削現場、北海岸、「記念館」(資料館)という今をみていただきます。さらに、現地の廃棄物対策豊島住民会議のみなさまとの説明学習、今回特別におねがいして石井亨県会議員のお母さん、児島さん(元会長夫人)、長坂三治さん(現会長の夫人)が女性との交流をしてくださいます。説明は砂川三男前会長さんがしてくださいます。この内容を4時間でこなします。
 わたくしは、はやくに宇野港にゆきみなさまをむかえます。これだけの陣容で吉備国際大学の学生を歓迎してくださいます。
 今回は、歴史と闘争をされて正義のために命がけで暴力とたたかわれた島の婦人のみなさまとの交流を企画してくださり、、。、学生のみなさまが今後の人生で人間を信じてがんばられることを祈念しつつご案内をします。
 世界1の豊かで美し島、、、「豊島」再生への想いを寄せてご案内します。
幸運にも梅雨の前での天気が予報ででてきました。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-31 06:12
 2006.5.27 本日、岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会の総会が津山市久米公民館で10:00から開催しました。美作県民局管内の推進員が参加しました。この日は、2部、3部の行事もあるために朝から準備をしました。写真の展示、広葉樹の苗樹の展示もしました。はやくから久米公民館の2会場の設営をしました。
 10:00-11:00  総会を開催しました。ブログ(千年の森つくり)の「1年の振り返り、今年度の取り組み」さらに、新役員をきめました。
 環境省原慎一郎(中四国地方事務所)さま、衆議院議員平沼赳夫さまからメツセージをいただきました。
 新役員
  会 長 藤本 晴男
  副会長  松浦 躬行  安達 優一  玉木 正夫  直原 一美  河合 義昭
   (支部長)
  副支部長 池田 弘昭  渡部 明子  永見 千夜子
  
  事務局長  浦島 文男

  監査役    中沢 嗣郎

  幹  事    福島 貢

   -今後の取り組みー

   近々の「親子エコフエスタ」(2006.6.11)の成功への参加協力
   
   千年の森つくりー環境学習。
    保育のつどいをー2006.7.22 津山市下高倉東地区植樹地一工区で開催します。
      10:00現地集合で11:30まで行います。昼は横野の滝で食事。13:00-14:00に
       は上横野地区の倒木災害の現在の状況を視察します。多くの関係者、関心のある       人に参加をよびかけます。親子での参加も歓迎します。
    美作県民局へ協働の提案をします。
    津山市、真庭市の環境基本計画策定に協力します。
    推進員の情報交換にブログ(千年の森つくり)の活用。情報をお送りください。
    災害対策で「危険」情報の発進。
    また、昨年の取り組みを継続します。

   - 「懇談会ー温暖化防止、エネルギー、環境、町つくり」が開催されました!ー


   2006.5.27 11:00~13:00  食事をはさんで和やかな懇談会でした。

   昼前には、津山市、真庭市、美咲町の環境課長、岡山大学稲葉英男副学長、遠藤隆教授
   環境カウンセラー三宅直生、岡山県計量協会芦田創計量証明部会長、カヌー協会江見健   二事務局長、
   佐田紀真岡山県地球温暖化対策地域協議会事務局長、福田敦信協議会事務局員、。
   推進員
   藤本晴男、浦島文男、河合義昭、玉木正夫、中沢嗣郎、池田弘昭の参加で各位の情報が
   交換され、とくに津山市、真庭市の環境基本計画作成への協力の要請。バイオマス、環境
   、災害、森林の再生などで意見の交換をしあいました。12:00には平沼赳夫衆議院がこ
   られました。秘書2人も参加して討論に参加しました。

  - 「岡山県地球温暖化対策地域協議会の講演会」盛大に開催されました!ー

 2006.5.27 13:00から15:00には1部、2部の参加者の一部の人と諸団体(商工会、建設関係、農業関係、地元関係者)が70人参加して、講演会が開催されました。

  藤本 晴男代表世話人の開会の挨拶経過の報告があり、協議会副会長(岡山大学副学長)
  稲葉 英男氏の挨拶があり、協議会名誉会長平沼赳夫衆議院議員(元通産大臣)のエネル
  ギー問題での講演がありました。
  

  天候が不順で、田植えの手をとめて多くの皆様が熱心に参加してくださいました。

 このよううな懇談会、講演は始めてでしたが大成功でした。

 ご参加くださいましたみなさまに心から感謝をいたします。準備に早くから来てくださいました

推進員のみなさま有難うございました。

 今後は、関係の当局にも要請をしてゆきます。

 また、美作県民局への協働の提案。

 親子エコフエスタへの展示参加と協力

 台風への対策での「広葉樹の森ー千年の森つくり」で苗樹の育成、植樹継続参加。

 推進員の交流、親睦を進めてゆきます。

  (この報告は、岡山県地球温暖化防止活動推進員の皆様にもお届けします。新推進員の皆

様にもお届けします)

                                                 以上
[PR]
by urashima77 | 2006-05-27 18:07

  岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会ー5.27、津山市久米公民館ー

    昨年の取り組みと、この一年のとりくみ!


 ふりかえり

  昨年2005.4.2 美作協議会が設立。
 一、岡山県美作県民局(2005.4.18),県生活環境部、農林部森林課(2005.5.20)へ    の要請。
 二、協働の取り組みをふりかえる

   1、おかやまエコフエスタ(2005.11.20)
   2、「親子エ子フエスタ」(2005.6.19)
   3、「森の育て親」植樹のつどい参加、5年間の契約(2006.3.11)
   4、「久米南町美しい森、保育のつどい」(2005.8.6)
   5、「真庭市夏季の省エネルギー対策職員研修会」協力。
   6、「美しい美咲の森」植樹のつどい(エコネツト美咲、2005.9.24)
   7、西粟倉村エネルギービジョン策定委員会協力。
   8、津山市との協働(エコネツトワーク津山)
9、美作協議会推進員研修(2005.12.13)
   
 三、ほかの団体との協働

   1、豊島、小豆島、直島での苗樹の育成、植樹のつどいに参加
   2、「吉備、陵南まちかど博物館(庭瀬)」のイベント
   3、高梁市「木を考えるつどい」協力
   4、美咲町打穴小学校で「総合学習」支援(エコネツト美咲)
   5、真庭市「環境フオーラム」(2006.3.26)
   6、グリーンデイ倉敷で「写真の展示」協力
   7、台風23号倒木災害地視察希望者の案内
   8、環境省環境モニター、環境カウンセラーのとりくみ参加

   新年度の取り組みの予定

  1、「親子エコフエスタ」協働の取り組み参加(2006.6.11)
  2、「森の育て親」植樹地での下草かり、と上横野地区台風災害地視察
     (2006.7.22 10:00下高倉下草かり、 13:00上横野地区視察)
  3、美作県民局へ「協働の提案)の堤出予定
  4、美咲町エコネツト美咲苗場での広葉樹の苗樹の育成監理
  5、自治体の取り組みへの支援協力参加
  6、岡山県美しい森の保育、植樹参加
  7、「総合学習」(小、中,高校、大学)への支援
  8、岡山県、地球温暖化防止活動推進センターの研修、イベントへの参加
  9、岡山県地球温暖化防止活動推進員備前、備中協議会、全県協議会の設立支援
 10、「災害」対策、予告、救援などの準備
 11、自然、新エネルギーの推進
 12、各種団体との協働で「地球温暖化防止活動」の推進
 13、そのほかに推進員の交流と親睦

  美作協議会の体制について(協議します)

  1、新年度の役員の体制
  2、環境省への(地方協議会の登録)
  3、市町村の地区で推進員の空白をなくそう。
  4、アースキーパーメンバ-シツプ会員の増員の取り組み
  5、研修の取り組み
  6、地方自治体財政再建での協力
  7、その他

 美作協議会推進員のみなさま新年もこころ新たに楽しく頑張りましょう!

 ほかの地区の推進員のみなさま地区協議会を立ち上げてください。

    岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会
           
               事務局長   浦島 文男

                  (環境省環境モニター、環境カウンセラー)













          

 
    
[PR]
by urashima77 | 2006-05-25 11:20
 昨年2005.4.2津山市ゆうゆうボランテイアセンターで県北の推進員は美作協議会をたちあげました。県北推進員のメンバーですが、会を設立したのにはわけがありました。前の年の台風23号により65億円もの災害で5400ヘクタールもの倒木が発生しました。また、合間の倒木はすざましいものです。この災害の救援、倒木の片付け、防災工事、植樹をよびかけて取り組むためです。さらに、地球温暖化し進行で研修や取り組みを推進する事、新、自然エネルギーの確立、自立したエネルギーの確立がいそがれています。京都議定書の目標実現が急務です.学習や、論議で楽しんで日を送る時ではありません。行動を推進してゆく組織が必要であるからでした。協議会は、藤本晴男さんに会長をお願いし、すかさずに美作県民局、さらに、岡山県生活環境部長、農林漁業部治山課長との懇談をし、要望書をていしつしました。協議会は県北だけですが、県南部の備前、備中県民局館内でも必要なのです。南にはまだありません。南部の推進員は自立心、責任感をもち行動すべきです。いつまでも推進センターに甘えていて「地球の温暖化防止」をかたつてはいけないでしょう。社会的な責任と自覚で貢献しなくてはなりません。この4月で協議会も1周年を迎えました。新年度の推進員が決まりましたので、協議会は1周年の総会をかいさいします。この1年間で、真庭市での職員の研修の支援、「森の育て親」の植樹の集いの植樹への協働の参加で5年間の苗樹の管理契約を津山市としています。今も、美咲町打穴小学校での大規模な苗場での広葉樹の苗樹の育成に取り組んでいます。今年は、総会と関連させて自然、環境、災害、エネルギー、まちつくりなどでの団体、自治体との交流も計画してます。また衆議院議員平沼赳夫先生を迎えて地元の要望をだして実現へ支援のお願いをいたします。またこの9月政変をむかえて政治情勢は混沌としてきています。平沼赳夫衆議院議員のお話も楽しみにしています。2部はオープン参加です。多くの皆様のご参加を歓迎いたします。

      美作協議会総会と環境懇談会(2部)のお知らせ

  日 時   2006.5.27  (土) 11:30-12:40 総会

                        13:00-15:00  懇談会と交流会
                          (平沼 赳夫衆議院議員を囲む会)

  会 場  津山市 久米公民館   久米支所 北隣

                                                 
[PR]
by urashima77 | 2006-05-16 10:29
 五月晴れの五月を期待していましたが、、、連日の大雨です。岐阜でも、岡山でも国道の法面と山がくずれています。梅雨に入りそうです?早い異変がおきだしています。5月14日(日)朝3:00に家をでる。家族をおこさないように、静かにでました。この時間は美咲町は静かですが米子方面へのトラツクが元気にはしります。
 岡山までは1時間の行程をくるまではしります。岡山商大付属高校の隣の吉野家で早い豚ドンをいただく。まだ4:30ですので、、、時間を考えて工程を児島湖、(湾)の調査の準備で3回目の下調べをしにまわりました。八浜、締め切り堤防,甲浦、北浦、宮浦、西原、、小串までの海岸と小川が海みに入る地点を確認してまわりました。八浜漁港は昔、締め切り堤防がないときには豊かな港でした。今は、ジャンボタニシがふえておりぶきみです。湖面には不法に投棄された自転車やゴミが目立ちます。このあたりは玉野光南高校のアダプトの看板が寂しくアシの中にあります。八浜で、玉野市議宇野俊市さんをむかえに寄り奥さんともしばらく話をして宇野港へ向かう。この日は天気予報では2日前までは雨でしたが、昨日は大雨ながら今日は良い天気となりました。
 港では、環瀬戸内海会議小西さん、笠岡カブトカニ博物館長浅野さん、岡山県地球温暖化防止活動推進員美作協議会会長藤本さん、玉野市議宇野さん、とほかの友人たち、わたくしはおかやま環境ネツトワーク社会環境部会長、瀬戸内海の自然を再生し世界遺産をめざす会、環境省環境カウンセラー、モニターとして呼びかけをして参加でした。おかやまからはまだおおくのひとがさんかしています。
 みんなで、再会をよろこんでフエリーでの20分を楽しみました。直島宮之浦港につき、バスで文教地区(中学校)につきました。1番のりでした。みんなでテントの組み立てや資材の配置もてつだいました。まもなく人がわきだしてきました。1時間ほどで参加者は780人と公表されました。20班に分かれて部隊を編成し準備をしました。主催者直島町の濱田孝夫町長さんから感謝の言葉がありました。ことしは三菱マテリアル直島精錬所の主催での植樹のつどいが大規模に開催されました。わたくしは長年元社長西川章さんへ要望していました。今回の取り組みで感慨もおおきいです。まだ、数年はかかりますが、、、ボランテイアで参加のみなさまの熱意がおおきくかならずできましょう。わたくしも足、腰が動くうちは参加します。植樹は穴もあけやすく、よく準備されており準備がたいへんなこととおもわれます。企業、部落、学生、ボランテイア、、、が汗をながしました。これまでの植樹への参加で多くの友人ができています。約000本の植樹も無事に植樹がおわりました。
 民宿おかださんのおくさんと岡本さんが車で民宿へゆき心づくしの昼食をしました。岡田さんは腰を痛めていて奥さんがかわつて頑張りました。おかださんの苗場には見事な苗樹が1000本を越えており植樹にだせるとこまできました。ウバメガシ、スダジイ、クヌギ、かしわ、椿、胡桃、、、、などが見事に成長しています。
 午後1:30くるまで港にゆき、バスで香川県直島環境センター(豊島産業廃棄物等中間処理施設)、三菱マテリアル直島精錬所内有価金属リサイクル施設の見学をしました。この数年で施設内も山林火災、植樹が進んでおり荒廃した自然が大きくかわりはじめています。ほかの参加者も専門的な質問をしてくださいました。わたくしは10回ほど見学し仲間を同行してきました。問題点が事故のたびに克服されてきているようすがみられます。
 この夏は、直島火祭りが盛大に8月20日(日)予定されています。最大の花火が海上、海岸で打ち上げられます。このときも海にイベント、海水浴、釣りなどのお楽しみ、苗樹の植え替え、環境センター、有価金属リサイクル施設見学、美術館見学などをたのしめるようにしたいです。参加希望者はいまから予定をあけてください。
ご準備ください。また、7月末には豊島では「島の学校」が開催されます。学びと交流のいべんとです。
 環境センターのなかつかさん、かやさん。有価金属リサイクル施設のはたさん、ひらいさんありがとうございました。説明も充実してきました。今回のイベントでボランテイアでご参加のみなさまありがとうございました。帰りは玉野市の宮本さんからドングリのタネをあづかりましたので植え込んでテストをします。ありがとうございました。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-15 06:45

  2004.1.13 朝、自宅で手紙を書いてテレビを見ていると、、、現在直島で山林火災が発生しています、、、と臨時のニュースがありました。山林火災は7日目の19日午前ようやく鎮火しました。失われた山林は122ヘクタールでした。この度は北部地区でしたが、、、30年前には南部で同じくらいの山林火災がありました。貴重な山林が消失しました。この度は、香川県真鍋知事が緑化再生計画「直島グリーン人作戦」5年計画を明らかにしました。離島火災対策で多くの教訓を残しました.避難勧告、周知、鎮火での不手際や乾燥と強風などが重なり大きな被害をおこしました。
 今年は3回目の「植樹のつどい」が開催されます。わたくしはインターネツトで参加をよびかけて毎回10人ほどでボランテイアとして参加して来ました。島での植樹のつどいの企画,動員、準備がどの程度必要か危機管理の方法で学ぶ事がたくさんあります。
 島では民間団体や、企業が年間植樹をしています。島ー町ー国のような1体感があります。今回も11人で応援に行きます。岡山での環境のリーダーが行きます。この度は、午後には香川県直島環境センター、三菱マテリアル直島精錬所有価金属リサイクル施設を視察し、産廃、汚染土壌、資源ごみのリサイクルを見てきます。わたくしは岡山市、玉野市しまたがる金甲山、貝殻山、児島湖の汚染対策で学んできます。
 また、豊島の自然、環境再生と、島の産業、生活基盤,コミュ二テイつくりでも検証をしてきます。豊島の提案は前のブログで書いています。是非参照ください。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-09 22:54
 世は、ゴールデンウイークに入りました。わたくしはこの4月から環境省の環境カウンセラーに合格し、取り組みを開始しています。また、中四国地区の環境省の環境モニターとしても岡山が児島湖、金甲山、貝殻山、瀬戸内海への汚染などで指摘を受けている事があり全国レべ ルまでの改善を図るために、まづ現状の把握と、改善の方法を提案できるようにパトロールをしました。北へは真庭市美甘での田植え前の準備作業の手伝いをし、道中では倒木災害(台風23号)の倒木の片付けの進行状況をみました。見えるところは良くなりましたが真庭市勝山荒田地区は手付かずがおおきくのこり、また姫新線の2次災害の危険性はそのままです。法面の切りなおしが必要です。
 さて、4,5,6日は庭瀬を拠点にしての児島湖への水路、高梁川から井尻野で水を取り込み児島湖まで流している水路をみました。水路が故意に狭められていたり、家庭からもストレートで川に汚水が放流されています。この対策がとられなければ児島湖の浄化はできないでしょう。岡山県、市の指導を強化すべきです。鯉等の死がいが数匹放置されており、ゴミもおおくて水質が心配です。検体の検査がほしいですね。
 児島湖、児島湾から海岸を小串まで行き、貝殻山へと回りました。見違えるほどきれいになりました。かつてゴミが投棄されていましたが、、、うれしいです。さらに金甲山に向かいました。別世界でしょうか環境は最悪です。道沿い、さらに産廃富士?残土で埋められた谷、汚染された池、水路、、、。県道金甲山線道路周辺が最悪です。このエリアの水質、土壌の検査、生物調査が必要です。基準をこえる汚染があれば、被害も予想されます。もし汚染があれば、改善のための対策を地元の企業、業者,岡山県、岡山市、玉野市とも考え出さねばなりません。後世へ負の遺産は残さないようにしたいものです。豊島の教訓、直島の環境センター、有価金属リサイクル施設の機能を正しく学ばなくてはなりません。
 この5月14日、直島町での「第3回みどり創世イン直島」の植樹のつどい、さらに午後は私たちボランテイアグループやおかやま環境ネツトワーク社会環境、自然環境部会の有志は環境センターと有価金属リサイクル施設を視察します。希望される人は、このブログを見て(前の分)申し込んでください。9日まで受付をし、現地に申請をします。できる事はしましょう。
 今年は、海岸での生物調査、水質、土壌の検査を岡山県備前県民局へ協働の提案をだしています。ご注目ください。みなさまとボランテイアで自然と環境の再生をしたいです。
[PR]
by urashima77 | 2006-05-07 07:23